杖 ステッキの製品紹介
  • 愛杖
    • Eシリーズ
    • Eシリーズ太杖
    • Fxシリーズ
    • 楽スマ
    • テキスタイル
    • プリティキャッツ
    • Sシリーズ
    • 愛杖キラリ
    • AijyoWalking
    • Dシリーズ
    • カーボンシリーズ
    • スリムネックグリップ
    • パターグリップ
    • キャラクターシリーズ
    • ハローキティ
    • ミッキー&ミニー
  • リハビリ杖
    • オッセンベルグ
    • オッセンベルグ OSシリーズ
    • オッセンベルグ AGシリーズ
    • オッセンベルグ FGシリーズ
    • オッセンベルグ ロフストランドクラッチ
    • 四点杖・松葉杖・白杖
  • 高級杖
    • ガストロック
  • ステッキ付属品
  • 杖の種類
  • 折りたたみ/伸縮タイプ
  • 杖の選び方/適正な長さ
  • 杖のつき方・握り方
  • FAQ(よくある質問)
杖の選び方

一般的な一本杖(T字型杖)の選び方を紹介します。日常でよく使うものだからこそ、しっかりと自分に合った杖を選ぶことが大切です。

杖の材質、太さを決める

杖のシャフトの素材
  • アルミ製:杖の素材で一番多いのがアルミ製になります。加工しやすく、腐食しにくい素材のため杖に適しています。
  • カーボンファイバー製:重量が軽く、強度もありますが、加工は難しため高価になります。
  • 木製:色合いや木目が美しく、加工もしやすい素材です。長さを調節する際はカットのみの対応となります。

カーボンファイバー製が一番軽く、続いてアルミ製、木製の順に重くなっていきます。
杖のシャフトの太さ
太さ(径)は19~20mmの杖が多く、22~24mmの太杖タイプもあります。太い方が安定しますが重量が重くなります。

杖のグリップを決める

グリップの大きさ、太さ
ご自身の手の大きさ、握力に合ったグリップを選びましょう。グリップの下が細く握りやすい、スリムネックタイプの杖もあります。
グリップの材質
  • 木製:一般的に広く使用されています。ただし傷がつきやすい欠点があります。
  • アクリル樹脂製:強度があり、劣化しないため木製より細いグリップに加工できます。透明性を有し見た目が美しいグリップが多いです。
  • ソフト樹脂製:滑りにくく手にかかる圧力を吸収する手に優しい素材です。壁やドアなどに立てかけても倒れにくいです。
杖のグリップ(握り)の形状
T字型、L字型、丸型(ラウンドグリップ)など、様々な形状があります。リハビリ用の杖などに右手、左手専用グリップや、幅が広いグリップもあります。

杖の適正な長さを知る

長すぎても短すぎても長さが合わなければ、正しい歩行姿勢が取れず身体に悪影響を及ぼす場合があります。ご自身に合った正しい杖の長さを選ぶことが重要です。


杖の長さの目安
身長÷2+3cm=長さの目安(例 160cm÷2+3=83cm) 身長÷2+3cmが杖選びの参考値となります。
靴をはいた身長で計算してください。
体格など個人差があるため、実際に歩いてみて使いやすい杖の長さをお選びください。

杖の長さの参考値(cm)

身長 推奨サイズ
140 73
142 74
144 75
146 76
148 77
150 78
152 79
身長 推奨サイズ
154 80
156 81
158 82
160 83
162 84
164 85
166 86
身長 推奨サイズ
168 87
170 88
172 89
174 90
176 91
178 92
180 93
杖の長さの決め方
腕をリラックスした状態に垂らし真っ直ぐに立ちます。
杖の先を同側の足先の前方20cm前におき、肘は30〜40度屈曲した位置がよく、この状態で杖の長さを決めてください。
長い杖は杖に体重をかける事ができなくなり、杖本来の機能を低下させる原因となります。
短い杖は重心が前にきて前かがみになるため、安定せず危険です。