杖 ステッキの製品紹介
  • 愛杖
    • Eシリーズ
    • Eシリーズ太杖
    • Fxシリーズ
    • 楽スマ
    • テキスタイル
    • プリティキャッツ
    • Sシリーズ
    • 愛杖キラリ
    • AijyoWalking
    • Dシリーズ
    • カーボンシリーズ
    • スリムネックグリップ
    • パターグリップ
    • キャラクターシリーズ
    • ハローキティ
    • ミッキー&ミニー
  • リハビリ杖
    • オッセンベルグ
    • オッセンベルグ OSシリーズ
    • オッセンベルグ AGシリーズ
    • オッセンベルグ FGシリーズ
    • オッセンベルグ ロフストランドクラッチ
    • 四点杖・松葉杖・白杖
  • 高級杖
    • ガストロック
  • ステッキ付属品
  • 杖の種類
  • 折りたたみ/伸縮タイプ
  • 杖の選び方/適正な長さ
  • 杖のつき方・握り方
  • FAQ(よくある質問)
杖の選び方

一般的な一本杖(T字型杖)の選び方を紹介します。日常でよく使うものだからこそ、しっかりと自分に合った杖を選ぶ事が大切です。

杖の適正な長さを知る

長すぎても短すぎても、長さが合わなければ、正しい歩行姿勢が取れず、身体に悪影響を与える場合があります。ご自分に合った正しい杖の長さを選ぶことが重要です。


杖の長さの目安
身長÷2+3cm=長さの目安(例 160cm÷2+3=83cm) 身長÷2+3cmがステッキ選びの参考値となりますが、座高や足の長さに個人差があるように、皆さんに当てはまる数値ではありません。これを目安とし、実際に歩いてみて、使いやすい杖の長さをお選びください。

ステッキサイズの参考値(cm)

身長 推奨サイズ
140 73
142 74
144 75
146 76
148 77
150 78
152 79
身長 推奨サイズ
154 80
156 81
158 82
160 83
162 84
164 85
166 86
身長 推奨サイズ
168 87
170 88
172 89
174 90
176 91
178 92
180 93
正しい握りの位置
腕をリラックスした状態に垂らし真っ直ぐに立ちます。
杖の先を同側の足先の前方20cmにおき、肘は30〜40度屈曲した位置がよく、この状態で杖の長さを決めてください。

杖の太さ・材質を決める

杖のシャフト(棒)の太さ
太い方が丈夫ですが、重くなります。細くても簡単には折れるわけではありませんので、重さと安定感をポイントに選びましょう。
杖のシャフト(棒)の素材
  • アルミ:軽くて強度があり、加工性にも優れています。
  • カーボンファイバー:重量が軽く、強度があります。
  • :長さ調整できるものが少ない
カーボンが一番軽く、続いてアルミ、チタン、スチールの順に重くなっていきます。

杖のグリップを決める

杖のグリップ(握り)の太さ
男性は太め、女性は細め等、手の大きさに合わせて決めましょう。
杖のグリップ(握り)の材質
  • 木製:一般的に広く使用されています。握った時に暖かさと柔らかさがあります。
  • 樹脂(アクリル)製:ガラスを凌ぐ透明度があり、加工性にも優れています。形状が様々で手にフィットするように作られています。
  • 発泡(スポンジ)素材:滑りにくく、手に掛かる圧力を吸収し、掌の痛みを軽減します。ドア等に立て掛けても倒れにくい。使っていくと若干摩耗します。
杖のグリップ(握り)の形状
T字型、L字型、丸型(ラウンドグリップ)等、様々な形状がありますが、握りやすいものを選んでください。ゆっくり歩く方は杖の体重を掛ける部分が広いタイプがよいでしょう。